グルメ・クッキング

2009年6月 7日 (日)

かつ久無庵 最強のトンカツ

かつ久無庵 最強のトンカツ

 平成17年、11月19日に群馬の薬師温泉「かやぶきの里・旅籠」へ立ち寄り、伊香保洋風旅館「ぴのん」に一泊してきたが、帰りの20日、昼飯に国道50号沿いに移転したとんかつの絶品、「かつ久無庵」へ行ってきた。

330_034

 昔、前橋にあったかつ久が移転、ひとつが高崎の高島屋内に、もうひとつが国道50号沿いのこの「かつ久無庵」に増殖した。

330_035

 25歳から27歳くらいにかけて、群馬で兵隊さんをやっていたころ、土日の外出(兵舎に住んでいるから、普段から駐屯地から出ない。土日に前橋か高崎に遊びに行って飲んだくれて帰ってくるという生活をしていたのだ!)このかつ久に通っていた。
何しろ、うまい。
群馬は畜産の王国ですから、地鶏もうまいし、赤城牛、上州牛と牛もうまいが、豚がこれまたうまい、もち豚ってやつ。
このかつ久、上質の豚を、低温でじっくり揚げるから、20分は待つけれど、これが豚か?というくらい、ジューシーで、歯ごたえがあって、やわらかく、旨み一杯なのだ。

今回は、女房がエビカツ。

330_039

私が特上ロースカツ定食。

330_038

別に特上でなくても十分に旨いんだけれど、特上はほんと、言葉通りの特の上で、そのジューシーさは一度食べると忘れられない。でも、中年以上は食べきれないかも、どーんとでてくる。

たらふく食べた。
おかげで体重計にはしばらく乗れない!
50号沿いにいける人は、絶対、一度は行くべき。
特上ロースカツ。
おろしポン酢も出てくるんだけれど、たっぷりおろしポン酢つけても、カツのサクサク感はまったく消えない。
500万年前の岩塩で食べるもよし、濃厚ソースで食べるもよし、おなか膨れてきたらさっぱりとおろしでいただくもよし。

330_037

ご飯とキャベツは食べ放題。
出来上がる前には、漬物3種、キャベツ山盛りが来るので、それをつまんでいるのも楽しい。

本当、こののとんかつ食べると、ファミレスのカツ物は食えなくなるよ。

2009年6月 6日 (土)

地中海料理「タベタリーノ」

地中海料理「タベタリーノ」

平成17年11月3日、文化の日。
馬肥ゆる秋なので、おいしいものを頂に越谷まで出かける。
お目当ては地中海料理「タベタリーノ」さん。

330_020

伊香保のぴのん、那須街道のモンテオプールと並ぶ、蕨屋推奨の洋食屋さん。
以前、東浦和の閑静な住宅街に住んでいたとき、ご近所にあったのだけれど、今年の春、越谷に引越してしまい、しばらくご無沙汰だったのだけれど、カーナビも買ったことだし、行ってみるかということで、最近、復活で行きだした。

ここは地中海料理。イタメシ系ですが、中々、うまいんです。はずさないんです。
今回はランチのCコース。

フォカッチャと前菜に、渡り蟹のスパゲッティ、牛フィレステーキまたは海の幸のソテー、ドルチェ、飲み物がついて2650円ですが、これにランチ・ポタージュ(420円)を追加します。何しろ、ここはポタージュが旨いんです。

330_022

フォカッチャは店で作っています。これを目当てに来るお客もいます。

330_023

前菜は、これまたおいしいんです。今回は微妙なアボガドソースの乗ったフランスパン、タコがよかった。

330_024

ポタージュはかぼちゃ。これ、かぼちゃのプリン状のムースが中に隠れています。
この店のスープは、えだ豆の冷製もかなり旨いんです。夏場にどうぞ。

330_026

渡り蟹のパスタです。
渡り蟹って食べにくいものですが、やっぱり、人目を気にせずにかぶりついてしゃぶるのが一番です。
濃厚でクリーミィなソースは、残さずにフォカッチャにつけて全部食べます。それがまた旨いんです。
パスタといえば、大宮の「とんがらし」もお勧めです。特にうちのかみさんはここのタラコスパゲッティがお気に入りで、オーナーシェフにタラコソースを分けてもらってきた来たこともあります。でも、同じ味は再現できないものです。大宮の「とんがらし」はやややわらかめのパスタですが、ここ「タベタリーノ」は固めです。フェデリーニなどの細いものも好んで出していますす、ペンネ物も得意のようです。私は、本当はゴルゴンゾーラのペンネが一番のお気に入りです。

330_027

お魚は真鯛とホタテ。真鯛といえば伊香保のぴのんを思い出しますが、ここのお魚も中々です。魚介類といえば、夜のアラカルトではムール貝のワイン蒸しがあると絶品です。それと厳選三陸の生牡蠣。イカの地中海風一本煮もお勧めです。

330_028

お肉は牛フィレのステーキです。トマトソースがかかっているところが地中海風です。
お肉といえばモンテオプールのタンシチュー。
焼き物で言ったらこのあいだ行ってきた水上温泉郷の谷川温泉「金盛館せせらぎ」のお肉はかなり旨かったのを思い出します。でも、一番といえば、この間、部下たちと食べまくった「王様カルビ」ですかね。

330_029

デザートは、これもこのお店で作っています。
東浦和に会ったときには、パティシェのお姉さんがかわいらしく、デザートの評判もかなりよかったですが、今も十分、おいしいです。
今回はモンブランと温かい洋ナシのコンポートに冷たいアイスクリームが掛かっているものと、カシスのシャーベット。

ゆっくり1時間半ほどかけていただきました。
高級なホテルのコースなんかは、ちょっと出かけるのも面倒ですが、気兼ねなく出入りできる地元系の行き着けのお店で、常連さん気分を味わうのも、オツなものです。CPは十二分。

その他のカテゴリー

蕨屋美和

Twitter2

  • 蕨屋次郎twitter2

Twitter1

  • Gold_Cycle
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31