« 伊香保洋風旅館・ぴのんに2泊目 | トップページ | 美ヶ原温泉・旅館すぎもと 酒飲みのための宿 »

2009年6月 7日 (日)

かつ久無庵 最強のトンカツ

かつ久無庵 最強のトンカツ

 平成17年、11月19日に群馬の薬師温泉「かやぶきの里・旅籠」へ立ち寄り、伊香保洋風旅館「ぴのん」に一泊してきたが、帰りの20日、昼飯に国道50号沿いに移転したとんかつの絶品、「かつ久無庵」へ行ってきた。

330_034

 昔、前橋にあったかつ久が移転、ひとつが高崎の高島屋内に、もうひとつが国道50号沿いのこの「かつ久無庵」に増殖した。

330_035

 25歳から27歳くらいにかけて、群馬で兵隊さんをやっていたころ、土日の外出(兵舎に住んでいるから、普段から駐屯地から出ない。土日に前橋か高崎に遊びに行って飲んだくれて帰ってくるという生活をしていたのだ!)このかつ久に通っていた。
何しろ、うまい。
群馬は畜産の王国ですから、地鶏もうまいし、赤城牛、上州牛と牛もうまいが、豚がこれまたうまい、もち豚ってやつ。
このかつ久、上質の豚を、低温でじっくり揚げるから、20分は待つけれど、これが豚か?というくらい、ジューシーで、歯ごたえがあって、やわらかく、旨み一杯なのだ。

今回は、女房がエビカツ。

330_039

私が特上ロースカツ定食。

330_038

別に特上でなくても十分に旨いんだけれど、特上はほんと、言葉通りの特の上で、そのジューシーさは一度食べると忘れられない。でも、中年以上は食べきれないかも、どーんとでてくる。

たらふく食べた。
おかげで体重計にはしばらく乗れない!
50号沿いにいける人は、絶対、一度は行くべき。
特上ロースカツ。
おろしポン酢も出てくるんだけれど、たっぷりおろしポン酢つけても、カツのサクサク感はまったく消えない。
500万年前の岩塩で食べるもよし、濃厚ソースで食べるもよし、おなか膨れてきたらさっぱりとおろしでいただくもよし。

330_037

ご飯とキャベツは食べ放題。
出来上がる前には、漬物3種、キャベツ山盛りが来るので、それをつまんでいるのも楽しい。

本当、こののとんかつ食べると、ファミレスのカツ物は食えなくなるよ。

« 伊香保洋風旅館・ぴのんに2泊目 | トップページ | 美ヶ原温泉・旅館すぎもと 酒飲みのための宿 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊香保洋風旅館・ぴのんに2泊目 | トップページ | 美ヶ原温泉・旅館すぎもと 酒飲みのための宿 »

蕨屋美和

Twitter2

  • 蕨屋次郎twitter2

Twitter1

  • Gold_Cycle
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31